いちご鼻改善のコツは保湿にある!保湿不足がいちご鼻の原因になる理由と対策

いちご鼻と保湿の関係

いちご鼻のような毛穴に関するスキンケアというと、洗顔ばかりが取り上げられがちです。

いちご鼻というのは皮脂や古い角質が汚れと共に毛穴に詰まっている肌状態ですので、どうしても毛穴の汚れを落とすケアが重要視されてしまうんですね。

たしかにそれは間違ってはいません。

しかし、毛穴の汚れを落とす洗顔も重要なスキンケアではあるのですが、それ以上に大切なのが保湿です。

なぜなら、保湿不足によるお肌の乾燥こそが、いちご鼻になってしまう最大の原因だからです。

というわけで今回のテーマは「保湿」について。

なぜ保湿不足がいちご鼻の原因になるのか?
それを改善するためにはどうすればいいのか?
どういった化粧品を使うことがいちご鼻改善に繋がるのか?

そういった、保湿のあれこれをメインテーマとして、いちご鼻との関連性について見ていくことにしましょう。

\ いちご鼻にお悩みなら試してみませんか? /

Remery

いちご鼻の原因は保湿不足による皮脂の過剰分泌

いちご鼻に悩んでいる人に、最も大切なスキンケアは何かと問われれば、間違いなく「保湿」であると答えるでしょう。

たしかに毛穴汚れを落とすための洗顔やクレンジングといったケアも重要なことではあるのですが、いちご鼻を根本的に改善するためには保湿ケアが最重要であると断言できます。

なぜなら、いちご鼻の根本的原因である「皮脂の過剰分泌」を招く原因は、保湿不足によるお肌の乾燥にあるのです。

なぜ保湿不足がいちご鼻の原因になってしまうのか?

お肌というのは「皮脂膜」と天然保湿因子の「NMF」、そして細胞間脂質の「セラミド」という3つの保湿因子によって保護されています。

これらの保湿因子がお肌にうるおいを保つのと同時に、雑菌やウィスルなどが侵入するのを防いでくれるという、バリアのような役割を果たしています。

ところが、過剰なスキンケアによって皮脂をとり過ぎたり、保湿不足によって乾燥が続いてしまうと、お肌は危険に晒されるため、うるおいを補おうとして皮脂を過剰に分泌させてしまうのです。

お肌の乾燥を甘くみてはいけません。

お肌が乾燥しているということは、雑菌やウィルスから守ってくれるバリア機能が破壊されているということと同義なのです。

お肌のうるおいを保持している三大要素

    皮脂膜

  • 毛穴から分泌された皮脂と、汗腺から分泌された汗が混ざり合ってできる「天然のクリーム」と呼ばれる成分
  • NMF(天然保湿因子)

  • アミノ酸やミネラルなどによって構成される、水分を保持してお肌の柔軟性と弾力性を保つ成分
  • 細胞間脂質(セラミドなど)

  • 角質細胞同士の隙間を埋め、異物の侵入や水分の蒸散を防ぐ役割をもち、保湿要素の約80%を占める重要な成分

過剰なスキンケアはお肌を乾燥させて皮脂の過剰分泌を招く

いちご鼻に悩んでいる人は、脂ギッシュな肌質であることが多い傾向にあります。皮脂の分泌量が多いオイリー肌は、それだけ毛穴に汚れも詰まりやすいからです。

そして、脂ギッシュなお肌を気にするあまり、一日に何回も洗顔をしたり、いつもあぶらとり紙を持ち歩いて常に皮脂を拭き取ったりといった過剰なケアをしがちです。

しかし、じつはそういった過剰なスキンケアによる皮脂のとり過ぎこそが、お肌を乾燥させて皮脂の過剰分泌を招き、脂ギッシュなオイリー肌になってしまう最大の原因なのです。

乾燥を招く過剰なスキンケアの一例
  • 1日に何回も洗顔をする
  • 洗顔の時にゴシゴシとこすり洗いをする
  • 洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使っている
  • あぶらとり紙でしょっちゅう皮脂を取り除く

いちご鼻に悩んでいる人は正確には「オイリー肌」ではなく「インナードライ肌」が多い

過剰なスキンケアによって皮脂を奪いすぎると、お肌はうるおいを補おうとしてさらに皮脂を分泌させてしまいます。

このとき皮脂によって油分は補われるのですが、水分は不足したままであり、「見た目は脂性肌・内部は乾燥肌」という肌状態になります。

このような、お肌の表面はテカテカしているのに、内側は水分量が少なく乾燥している肌状態のことを「乾燥性脂性肌」、または「インナードライ」といいます。

オイリー肌は「水分も油分も多い肌状態」であり、主な原因は男性ホルモン過多や生活習慣、ストレスや遺伝的要因などが挙げられます。つまり、どちらかといえば体質的な要因によるものです。

一方でインナードライは「水分不足で油分過多の肌状態」であり、その主な原因は過剰なスキンケアによる皮脂の奪いすぎにあります。

一見すると全く同じ脂性肌なのですが、オイリー肌に悩む約80%もの人が、じつはインナードライなのだそう。

このウェブサイトでは読者さんを混乱させないために、オイリー肌もインナードライも同じ「オイリー肌」と呼称していますが、過剰なスキンケアによる乾燥が原因の脂性肌は、正確に言うとオイリー肌ではなくインナードライであることがほとんどなのです。

オイリー肌とインナードライ肌の違い

    オイリー肌

  • 水分も油分も多い肌状態
  • 男性ホルモン過多や遺伝など体質的が原因のケースが多い
  • インナードライ肌

  • 水分不足で油分過多の肌状態
  • 過剰なスキンケアによる皮脂の奪いすぎが主な原因

いちご鼻に効果的な保湿化粧品の選び方

お肌の乾燥は皮脂の過剰分泌を招いて毛穴を詰まらせ、いちご鼻の原因となってしまいます。ですので、重要なのは保湿を徹底することであり、脂性のオイリー肌である人ほど保湿が必要です。

では、いちご鼻に効果的な保湿化粧品とは、どのようなものなのでしょうか?

保湿に使う主な基礎化粧品は「化粧水」「乳液」「美容液」「クリーム」の4つです。しかし、この4つすべてを使う必要はありません。

スキンケアはより多くの化粧品を使うことが良いとされる風潮がありますが、それはスキンケア業界の闇の1つであり、私は使う化粧品は少なければ少ないほど良いと考えています。

化粧品の使いすぎはお肌を甘やかせてしまい、本来もっている自然な保湿力や再生能力を損ねてしまうからです。

また、スキンケアのステップが多いほどお肌への摩擦や刺激も多くなりますし、化粧品に含まれている様々な成分、たとえば防腐剤や香料といった刺激となる添加物を重ねて使用することにもなり、かえってお肌の炎症を引き起こす原因になってしまうという可能性もあるのです。

必要な基礎化粧品はあなたのお肌状態によって異なる

では化粧品は一切使う必要がないのかというと、もちろんそんなことはありません。

たとえば乾燥肌の人は化粧水と乳液、そして保湿クリームを使ってたっぷりと保湿成分を補ってあげることが重要です。しかし、美肌成分をメインとする美容液はそれほど必要ではないでしょう。

また、ニキビに悩んでいる人は繊細で敏感な肌質の人が多いため、アルコールや合成界面活性剤が配合されている基礎化粧品は逆効果になってしまいます。こういった人の場合は余計な添加物を配合していない、高品質なクリームだけを使ったほうが良いでしょう。

このように、あなたが抱えているお肌の悩みによって、必要な化粧品は変わるものです。

では、いちご鼻に悩んでいる人の場合はどうなのか?

いちご鼻に悩んでいる人に必要な基礎化粧品は「化粧水」「美容液」「クリーム」の3つです。

いちご鼻の改善に必要な保湿化粧品 その①「化粧水」

化粧水のもつ役割は、洗顔や入浴によって汚れと一緒に洗い流されてしまった水分を補うことにあります。

いちご鼻に悩んでいる人は脂ギッシュなオイリー肌の人が多く、その内の約8割の人がインナードライという「乾燥性脂性肌」であるというお話はすでにしましたね。

で、そのインナードライというのは「水分不足で油分過多」の肌状態すので、化粧水を使ってたっぷりと水分を補ってあげるのが効果的です。

使う化粧水については1000円以内のプチプラで十分です。正直、化粧水は高価なものを使うよりも、安価でそれなりの品質のものをたっぷりと使ったほうが費用対効果が高いのです。

ただ1つ気をつけるべきなのは無香料で無着色のものを使うこと。

香料や着色料といった添加物はお肌にとって刺激にしかならないものであり、洗い流す洗顔料やクレンジングと違ってお肌に残るものなので、配合されている成分にもしっかりと気を配る必要があります。

また、敏感な肌質の方はアルコールを使っていないものを選ぶといいでしょう。

プチプラで無香料・無着色・アルコールフリーの化粧水を扱っているのは、ちふれや無印良品、キュレルなどが有名ですので、自分に合ったのを探してみましょう。

いちご鼻の改善に必要な保湿化粧品 その②「美容液」

美容液とは、化粧水や乳液などで補えない保湿成分や美容成分を補給するための基礎化粧品です。

美容液の特徴は一点集中型の化粧品であるということ。

たとえば、保湿クリームは保湿成分や美容成分をバランスよく配合している万能型のものが多いのに対して、美容液は美白効果に特化しているものや、メラニンの生成を抑えてシミやそばかすに効果を発揮するものなど、普段のスキンケアアイテムに加えて、気になる部分に集中的に使用するという役割をもつものが多くあります。

クリームは攻撃も守備もバランス良くこなす万能選手なのに対して、美容液は一点特化型の超攻撃型選手といったところでしょうか。

シミやシワ、たるみやそばかすなど、深い悩みをもつ人のニーズに応えるためにつくられた商品が多く、毛穴ケアに特化したいちご鼻専用の美容液もあります。

いちご鼻専用の美容液に関しては下にレビュー記事のリンクを貼っておきますので、参考にしてみてください。

いちご鼻の改善に必要な保湿化粧品 その③「保湿クリーム」

保湿クリームは化粧水や乳液などで補えない保湿成分を補給し、クリームの膜でうるおいが蒸発してしまうのを防ぐ役割をもつ基礎化粧品です。

保湿化粧品には「保湿クリーム」と「保湿ゲル」の2種類があります。

「保湿クリーム」は生クリームのようなテクスチャーが特徴で、比較的油分を多めに含んでおり「保湿」に特化しています。一方で「保湿ゲル」はゼリー状でベタつきにくいテクスチャーが特徴で、比較的水分を多めに含んでおり「保水」に特化しています。

いちご鼻に悩んでいる人は、油分過多で水分不足のインナードライの人が多いため、油分の多いクリームよりも、水分の多いゲルのほうが向いているといえるでしょう。

またゲルタイプの保湿化粧品はクリームタイプに比べて、ベタつかないさっぱりとした使用感が魅力でもあり、これも脂ギッシュになりがちなインナードライの人に向いている特性です。

ちなみに品質の高い保水力に特化した保湿ゲルを使う場合は、化粧水を使わなくて十分に水分を補えるため、これ1つでスキンケアすべてをまかなうことも可能です。

いちご鼻の改善に最も大切なケアは洗顔ではなく保湿

いちご鼻というのは過剰に分泌された皮脂や古い角質が汚れと一緒に毛穴に詰まり、酸化して黒ずんでいる状態です。

そのため、洗顔やクレンジングなどで毛穴の汚れを取り除くことが一番重要であると思うかもしれませんが、じつはそうではありません。

毛穴に詰まった汚れを取り除くことも大切ではあるのですが、最も大切なことは皮脂の過剰分泌を改善することにあります。

いくら入念な毛穴ケアをしても、皮脂の過剰分泌が改善されないかぎり、すぐにまた毛穴に汚れが溜まってしまい、同じことの繰り返しとなってしまうでしょう。

皮脂の過剰分泌を改善することが、いちご鼻を改善することでもあり、そのために必要なケアが「保湿」なのです。

ありきたりな答えではありますが、いちご鼻をきれいにし、美肌へと至る近道は、毎日の地道なスキンケアの積み重ねです。

一見すると遠回りに思うかもしませんが、じつはそれこそが最短の道なのですね。

 
保湿という一見地味で遠回りに見えるスキンケアの積み重ねが美肌への最短の道なのです。

 

関連記事

最近更新した記事

ページ上部へ戻る