絶対にやっちゃダメ!いちご鼻を悪化させる4つの間違ったスキンケア

間違ったスキンケア

あなたを悩ませる、そのお鼻の毛穴の黒ずみ「いちご鼻」を治す方法はただ1つです。

それは、原因をきちんと理解して正しいケアを行なうこと。
それしかありません。

しかし、いちご鼻にお悩みの人は、間違ったケアを続けている人も少なくありません。

いつまでも美しく若々しいお肌を保つためには「何をするか」よりも「何をしないか」が非常に重要なのです。

そこで今回は、いちご鼻を悪化させてしまう間違ったスキンケアと、その対策について見ていくことにしましょう。

\ いちご鼻にお悩みなら試してみませんか? /

Remery

お鼻の黒いぶつぶつ「いちご鼻」に悩んでいる人がやってしまう間違ったケア

いちご鼻を改善するためには、当たり前ですが正しいケアを行なう必要があります。しかし、世の中には間違ったいちご鼻のスキンケア情報が溢れ返っています。

たとえば、こんなケアをしてはいませんか?

いちご鼻を悪化させてしまう間違ったスキンケア
  • ①1日に何回も洗顔をする
  • ②洗顔のときにゴシゴシとこすり洗いをする
  • ③あぶらとり紙でしょっちゅう皮脂を拭き取る
  • ④毛穴パックやピンセットで角栓を引っこ抜く

もし、このようなケアをしているとしたら要注意ですよ。

これらはいちご鼻に悩んでいる人がやってしまいがちなケアですが、じつはすべて症状を悪化させてしまうものばかりだからです。

間違ったいちご鼻のケア①「1日に何回も洗顔をする」

いちご鼻にお悩みの人は、脂性肌の人が多い傾向にあります。脂性でオイリー肌の人は一般的な人と比べて皮脂の分泌量が多いので、毛穴に皮脂が詰まりやすいからです。

そして、脂性でオイリー肌の人は顔のテカリを気にするあまり、1日に何回も洗顔をしてしまいがちなのですが、過剰な洗顔は逆効果にしかならず、皮脂を取り過ぎることで、かえっていちご鼻を悪化させてしまいます。

なぜなら、お肌は皮脂を失うと、それを補おうとしてさらに皮脂を分泌させてしまうという機能をもっているからです。

つまり、オイリー肌を気にして過剰に皮脂を落とせば落とすほど、よりオイリー肌になってしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

脂性のオイリー肌になってしまう原因は生まれつきの体質だと思っている人が多いのですが、じつは過剰な洗顔による「皮脂の取り過ぎ」が原因でオイリー肌になっている人も少なくありません。

そして、皮脂の過剰分泌は毛穴を詰まらせ、いちご鼻やニキビの大きな原因となるもの。

じつは、いちご鼻やニキビの真の原因は脂性肌ではなく、お肌の乾燥によるところが大きいのです。

ワンポイントアドバイス

    洗顔は1日2回までにしよう

  • 1日に何回も洗顔をするのはお肌の乾燥を招き、かえって皮脂の過剰分泌を促進させてしまいます。顔のテカリを取り除きたいという気持ちはわかるのですが、洗顔は朝と夜の1日2回までにしましょう。それ以上はやり過ぎになるので注意してください。

間違ったいちご鼻のケア②「洗顔のときにゴシゴシとこすり洗いをする」

お鼻の黒いぶつぶつを何とかしたいと思うあまり、ゴシゴシとこすり洗いをするというのも、いちご鼻に悩んでいる人がやってしまいがちな間違ったケアです。

洗顔時に強引にこすり洗いをするとお肌の汚れだけでなく、0.02mmほどの厚さしかもたない「角質層」も一緒にはがれ落ちてしまいます。

角質層というのは、お肌の水分が蒸発するのを防ぐと共に、雑菌やウィルスなどの外敵から守ってくれるバリアの役割をもっている重要な組織。

この角質層がはがれ落ちてしまうと、わずかな外部刺激に過敏になったり、雑菌やウィルスの侵入が容易になったりと、いちご鼻だけではなく、あらゆるお肌トラブルの原因になってしまいます。

また、角質層のバリア機能が弱まることで水分を保つことができなくなり、乾燥肌の原因にもなります。

ですので、お肌に対して刺激は絶対NGなのです。

ワンポイントアドバイス

    泡立て洗顔をしよう!

  • 強い刺激はお肌を傷つけてバリア機能を低下させ、あらゆるお肌トラブルの原因になってしまいます。ですので、洗顔をするときは洗顔料をしっかりと泡立てて、モコモコの泡でやさしくマッサージをするように洗いましょう。

間違ったいちご鼻のケア③「あぶらとり紙でしょっちゅう皮脂を拭き取る」

いつでもお肌のテカリを除去できるよう、あぶらとり紙を常備している人は多いでしょう。しかし、このあぶらとり紙の使いすぎもいちご鼻を悪化させてしまう大きな原因の1つです。

上記で見た間違ったスキンケアの①と②が、なぜいちご鼻を悪化させてしまうのかを思い出してください。

間違ったスキンケア①と②

    ①1日に何回も洗顔をする

  • お肌は過剰に皮脂を失ってしまうと、それを補おうとして余計に皮脂を分泌する
  • ②洗顔のときにゴシゴシとこすり洗いをする

  • 刺激によってお肌のバリア機能が破壊されてしまい、あらゆるお肌トラブルの原因になる

あぶらとり紙で皮脂を取り除くというのは、この①と②を足したようなもの。こするように拭き取ることで、お肌に刺激を与え、皮脂も根こそぎ奪ってしまいます。

こすらずに押し当てているだけという人も多いかと思いますが、お肌というのは私たちが思っている以上に繊細なものなので、それだけでも十分にお肌を傷つけてしまいます。

とくにオイリー肌の人は、あぶらとり紙が手放せないという人も多いかもしれませんが、皮脂の奪いすぎがオイリー肌を悪化させてしまう原因であることを忘れないようにしましょう。

ワンポイントアドバイス

    あぶらとり紙=「乾燥+刺激」

  • あぶらとり紙を使っている人は多いと思いますが、皮脂を根こそぎ落とし、かつ刺激も与えてしまう諸刃の剣です。使うなとまでは言いませんが、できるなら使用しない方がいいアイテムです。

間違ったいちご鼻のケア④「鼻パックやピンセットで角栓を引っこ抜く」

お鼻の黒いぶつぶつを最もお手軽かつ簡単に除去してくれるものといえば「鼻の毛穴パック」ですよね。ピンセットで引っこ抜くという人もいるでしょう。

しかし、鼻パックやピンセットは最も簡単に毛穴を綺麗にしてくれると同時に、最もいちご鼻を悪化させてしまうという最悪のスキンケアでもあります。

某大手化学メーカーの花◯が展開している『ビ◯レ毛穴すっきりパック』などは有名ですし、誰しも一度は鼻パックを使ってお鼻の黒いぶつぶつを処理をしたことがあるでしょう。たしかに一見、鼻パックはお鼻の黒いぶつぶつをお手軽かつ簡単に取ってくれる優れもののように思えます。

しかし、鼻パックをした直後の毛穴はどうなるかご存じですか?

鼻パックで毛穴の黒ずみを引っこ抜いた後、毛穴はポッカリと穴が開いたままの状態になってしまいます。

そして、開きっぱなしになっている毛穴に再び皮脂や汚れが溜まるようになり、その結果、すぐにまた黒いぶつぶつが溜まってしまうという最悪の悪循環に陥ってしまうのです。

さらに、それだけでなく鼻パックをすることによって毛穴が大きく広がってしまい、汚れが溜まりやすくなり、さらにいちご鼻が目立つようにもなるのです。

ワンポイントアドバイス

    鼻パックやピンセットでの強引なケアやめよう

  • 鼻パックやピンセットで角栓を無理やり引っこ抜くのは毛穴を大きく広げてしまい、さらに汚れが溜まりやすくなるという悪循環に陥ってしまいます。お手軽さの裏にはこういった副作用があることを忘れてはなりません。

いちご鼻を改善するためにまずは間違ったスキンケアをやめよう

いちご鼻に限らず、何かを改善しようと思うのなら、まずはその原因となるものをやめなければなりません。

たとえば、お金を貯めようと思ったら、収入を上げることも大切ですが、その前に無駄な支出を減らすことが重要ですよね。または、ダイエットをして痩せようと思うのなら、ダイエットサプリや酵素ドリンクなどを買う前に間食をやめることが先決でしょう。

何かを手に入れるためには、その前に何かを捨てなければならないのです。「空白の法則」というやつですね。

少し前にブームになった「断捨離」もこれと同じ原理でしょう。

ですので、正しいスキンケアを行なうことも大切なことではあるのですが、それよりもまずは間違ったスキンケアをやめること。

それこそが、いつまでも美しく若々しいお肌を保つ秘訣なのですね。

いちご鼻を悪化させてしまう間違ったスキンケア
  • ①1日に何回も洗顔をする
  • ②洗顔のときにゴシゴシとこすり洗いをする
  • ③あぶらとり紙でしょっちゅう皮脂を拭き取る
  • ④毛穴パックやピンセットで角栓を引っこ抜く
 
何かを手に入れるためには何かを捨てなければなりません。正しいケアを行なうことも大切ですが、それよりもまずは間違ったケアをやめることの方が重要なのです。

 

関連記事

最近更新した記事

ページ上部へ戻る