毛穴ケアに高級化粧水は必要なし!コスパ抜群で優秀なプチプラ化粧水

スキンケアにおいて最も大切なもの。
それは保湿です。

保湿不足によってお肌が乾燥すると、身体はうるおいを補おうとして皮脂を過剰に分泌させてしまいます。

そして、皮脂の過剰分泌はやがて毛穴を詰まらせ、いちご鼻やニキビの最大の原因となってしまいます。

いちご鼻のケアというとクレンジングや洗顔ばかりが注目されがちですが、いくら洗顔で毛穴の汚れを除去できたとしても、皮脂の過剰分泌が改善されない限り、すぐにまた毛穴が詰まってしまうでしょう。

ですので、保湿ケアはとっても大切なものなのです。

そこで、今回のテーマは保湿ケアの基本でもある「化粧水」について。

化粧水の基礎知識や選び方、安価かつ優秀な人気のプチプラ化粧水などについて見ていくことにしましょう。

\ いちご鼻にお悩みなら試してみませんか? /

Remery

化粧水は「保水」が目的であって「保湿」は美容液やクリームの役割

1つ勘違いしがちなことがあるのですが、化粧水はお肌のうるおいを保ってくれるわけではなく、あくまでも水分補給をしてお肌の状態を整えるためのものです。

お肌が乾燥していると、保湿成分や美容成分を与えても浸透しません。

そこで、化粧水を使って洗顔や入浴後の乾燥したお肌にたっぷりと保水をしてあげることで、美容液やクリームの効果をさらに高めてくれるというわけなのです。

化粧水とは、簡単にいえば「引き立て役」ですね。

化粧水は「保水効果」はあっても「保湿効果」は期待できません。保水と保湿は似て非なるものであり、水分を与えるだけでは肌表面の水分は蒸発してしまい、お肌にうるおいを保つことはできないのです。

お肌の中でうるおいを保つ保湿力は、水分ではなくセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった「保湿成分」をお肌にどれくらい与えられるかにかかっています。

そういった保湿成分をお肌に届けるのは美容液やクリームの役割であり、化粧水で与えた水分が蒸発してしまうのを防ぐという目的もあるんですね。

化粧水だけでは保水効果しか得られず、クリームだけでも保湿効果を最大限に発揮することができません。つまり、保湿というのは基本的に「化粧水+クリーム」の2つで1つだというわけなのです。

いちご鼻のような毛穴ケアに高級な化粧水は必要ありません

いちご鼻のような毛穴に関する悩みを抱えている人は、どのような化粧水を使えばいいのでしょうか?

今まで様々な化粧水や美容液、クリームなどを試してきましたが、1つだけ断言できることがあります。

それは、化粧水は1000円以内のプチプラで十分だということ。

化粧水は高級なものを使うよりも、安価でそこそこの品質のものをたっぷりと使ったほうが、間違いなく効果を発揮してくれます。

すでに上で説明しましたが、化粧水の役割はお肌に水分を与えて整えるということであり、あくまでも美容液やクリームの引き立て役です。

化粧水の主な役割と効果
  • クレンジングや洗顔によって失われた水分を補う
  • 化粧下地のノリが良くなる
  • 乳液・美容液をの浸透効果を高める
  • お肌のPHが安定する
  • お肌のキメを整えて落ち着かせる

化粧水のパッケージや成分表があれば確認してみてほしいのですが、化粧水に使われている成分の80%は精製水です。

で、残りの20%は目的に応じた有効成分や香りを良くする香料、腐りにくくさせる防腐剤などが含まれているだけで、化粧水のほとんどが水分なんですね。

お肌に対する有効成分といっても微々たるものなのです。

ですので、化粧水は安価なプチプラを使い、美容液やクリームは高品質のものに投資するというのが、最もコストパフォーマンスが高いといえるでしょう。

お鼻の黒ずみに悩んでいた私を変えてくれた美容液やクリームなどに関しては、下記の記事にまとめてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

コスパ抜群!プチプラなのに優秀だと口コミで評判の化粧水5選

化粧水はプチブラで十分であるとはいっても、もちろん安いものが良いというわけではありません。

そうではなく、安くても良いものはあるということです。

そこで、口コミで評判の高いプチプラ化粧水について調べ、人気の高いものを5つピックアップしてみました。

安くて良い化粧水を探しているという人は、ぜひ参考にしてみてください。

ちふれ / 化粧水しっとりタイプ

アサヒ / 素肌しずく 濃プラセンタ化粧水

無印良品 / 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ

小林製薬 / オードムーゲ薬用ローション

ナチュリエ / ハトムギ化粧水

編集部の一押しは『ちふれ化粧水しっとりタイプ』

数多くの種類があるプチプラ化粧水で最も人気が高かったのが、ちふれの化粧水でした。

10代から大人の女性まで幅広い層に絶大な人気を誇るプチプラコスメとして有名であり、何よりもこの記事を書いている私自身が愛用している化粧水でもあります。

ぶっちゃけて言いますと、ちふれの化粧水よりも良いものはたくさんあります。

しかし500円程度で買えて、この高品質のものとなると、ちふれの化粧水の他にはないかもしれません。

一言で言うなら「圧倒的なコスパの良さ」。それがちふれの魅力ですね。

ちなみに、ちふれの化粧水にはいくつか種類があるのですが、とくに人気が高いのが「しっとりタイプ」で、私が使っているのもこのタイプです。

「さっぱりタイプ」も一時期使っていたのですが、やっぱりオススメなのは「しっとりタイプ」ですね。

@cosmeでの評価も高いですし、口コミの数も圧倒的に多いです。

商品名 内容量 価格
化粧水 とてもしっとりタイプ 180ml 560円(税抜)
化粧水 しっとりタイプ 180ml 560円(税抜)
化粧水 さっぱりタイプ 180ml 500円(税抜)
化粧水 ノンアルコールタイプ 180ml 600円(税抜)
化粧水 Wしっとりタイプ 180ml 1,150円(税抜)
美白化粧水 180ml 1,100円(税抜)
美白化粧水 VC 180ml 800円(税抜)
濃厚化粧水 180ml 800円(税抜)

ちふれの化粧水は@cosmeでも大人気

この化粧水を使いはじめたのは2年ほど前から。

@cosmeでかなりの高評価を得ているのを見て、たった500円程度の化粧水が何でこんなに高評価なんだと興味をもち、物は試しと思って使ってみたんですね。

正直、最初は半信半疑でしたね。それに期待もしてませんでした。

で、使ってみて納得。

なんというか、劇的に素晴らしい化粧水だというわけではないのですが、このお値段でこの使い心地ならそりゃあ人気もでますよねと。

ちなみに私は幼少期にはアトピー性皮膚炎を患っていました。今はもう完治したのですが、それでも下手な化粧品を使うと肌荒れは起きるわ、真っ赤になってヒリヒリするわの超敏感肌なんです。

そんな私ですから、なかなか自分のお肌に合う化粧水やクリームが見つけられず悩んでいた時期もあったのですが、そんな私でも全然問題なく使えているので、よほどのことがない限り、合わないという人はいないでしょう。

プチプラ化粧品はネット通販での購入に向かない

プチプラ化粧品には1つだけデメリットがあるんですね。
それは、ネット通販で買うと損ということです。

ちふれの化粧水なら500円程度で買えるというのがメリットなのに、公式サイトで買うと324円の送料がかかってしまいます。送料無料になるのは5,400円以上のお買い物をした場合のみ。

楽天なんかも同じです。

Amazonで買う場合はプライム会員なら送料無料になりますが、誰もがプライム会員だというわけではありませんよね。年間プランの場合で3,900円(税込)の年会費もかかります。

ネット通販限定の化粧品なんかは送料無料のものが多くありますが、そういったものはそれなりの価格設定をしている商品であり、さすがに500円の化粧水が送料無料とはいきません。

ですので、プチプラ化粧品をお求めの方は、お近くのデパートやドラッグストアで購入した方がいいでしょう。

 
プチプラ化粧水でも良いものはたくさんあります。「高額な商品=良い商品」という思い込みを排除して、あなたのお肌に合う化粧水を探してみましょう。

 

関連記事

最近更新した記事

ページ上部へ戻る