いちご鼻に悩んでいる人はクリームよりもゲルタイプの保湿剤を使ってみよう

毛穴のケアはクレンジングや洗顔ばかりが注目されがちですが、いちご鼻を改善するために最も重要なのはじつは保湿です。

そして、その保湿に使う化粧品についても、もちろん何でもいいというわけではありません。

いちご鼻に悩んでいる人に、ぜひ一度試してほしい化粧品があります。

それは「保湿ゲル」。

「保湿クリーム」ではなく「保湿ゲル」です。

じつは、いちご鼻に悩んでいる人にとっては、クリームタイプのものよりもゲルタイプの保湿化粧品のほうが向いているのです。

そこで今回のテーマは「保湿ゲル」について見ていくことにしましょう。

\ いちご鼻にお悩みなら試してみませんか? /

いちご鼻のケアに保湿が超重要である理由を解説

まず初めにいちご鼻のケアにおいて、保湿がいかに重要であるかを見ていきましょう。

いちご鼻とは毛穴に皮脂や古い角質などが汚れと共に詰まって角栓となり、酸化して黒ずんでいる状態です。

そのため、クレンジングや洗顔といった汚れを洗い落とす毛穴ケアばかりが注目されがちです。

それ自体は決して間違ってはいないのですが、もっと根本的な原因を改善しないかぎり、本当の意味でいちご鼻がきれいになることはありません。

いちご鼻の根本的な原因。それは「皮脂の過剰分泌」です。

たとえ入念な洗顔や鼻パックを使って毛穴の汚れを一掃できたとしても、皮脂の過剰分泌が改善されないかぎり、すぐにまた毛穴に汚れが詰まってしまうのは目に見えていますよね。

いちご鼻に悩んでいる人は脂ギッシュな肌質の人が多い

いちご鼻に悩んでいる人というのは、比較的脂ギッシュなオイリー肌の人が多い傾向にあります。

「いちご鼻=オイリー肌」というわけではありませんが、やはり皮脂の分泌量が多いオイリー肌の人ほど毛穴に汚れが詰まりやすいのは間違いありません。

で、脂ギッシュなオイリー肌の人は顔のテカリを気にするあまり、1日に何回も洗顔をしたり、常にあぶらとり紙を持ち歩き、しょっちゅう皮脂を拭き取ったりといった過剰なケアをしがちです。

じつはこういった「皮脂の取りすぎ」こそが、かえって皮脂の過剰分泌を招いてしまう原因になります。

なぜなら、お肌はうるおいが失われてしまうと、それを補おうとしてさらに皮脂を分泌するようになるからです。

皮脂というのはお肌にうるおいを与えると同時に、雑菌やウィルスの侵入を防ぐバリアの役目も併せもつ、非常に重要なものです。

クレンジングや洗顔というのは、その性質上、お肌にとって必要なうるおい成分も汚れと一緒に洗い流してしまいます。

そのため、洗顔後のお肌というのは驚くほど乾燥しているんですね。

そのままお肌の乾燥が続いてしまうと、雑菌やウィルスの脅威にさらされてしまうため、身を守るために皮脂を分泌させるようになるのです。

つまり、クレンジングや洗顔で皮脂を落とせば落とすほど、かえって皮脂の過剰分泌を招いてしまうというわけなのです。

顔のテカリを気にして皮脂を奪えば奪うほど脂ギッシュになる

さて、ここまでのお話を簡単にまとめるとこういうことです。

ここまでのまとめ
  • 1. いちご鼻に悩む人は脂ギッシュな肌質の人が多い
  • 2. そのため洗顔のやりすぎや、あぶらとり紙で皮脂を取りすぎてしまい、お肌が乾燥
  • 3. 乾燥したお肌はうるおいをい補おうとして、かえって皮脂の過剰分泌が起こる
  • 4. 皮脂の奪いすぎによって「見た目は脂性肌・内部は乾燥肌」という肌状態になる
  • 5. 過剰に分泌された皮脂が汚れと混ざって毛穴に詰まり、お鼻の黒いぶつぶつ「いちご鼻」になる

つまり、脂ギッシュなテカテカお肌になってしまう原因は「乾燥」にあるというわけなのです。

乾燥しているのに脂ギッシュになるというと、矛盾しているように思われるかもしませんが、これが真実。皮脂というのは奪えば奪うほど出てくるものなのです。

ですので、うるおいを与えるための「保湿」がとても重要だというわけなのです。

コスメカウンターの美容部員さんのようなスキンケアに精通している人ほど、保湿の重要性を説くのはこういった理由があるのですね。

クリームタイプよりもゲルタイプがいちご鼻の改善に効果抜群な理由

さて、いちご鼻のケアにとって、いかに保湿が大切であるか理解していただけたと思いますので、本題に入りましょう。

保湿化粧品には大きく分けて「保湿クリーム」と「保湿ゲル」という2つのタイプがあります。

このウェブサイトの他の記事では混乱を避けるためにクリームもゲルも「保湿クリーム」や「保湿剤」と呼称しているのですが、厳密に言うとクリームとゲルには大きな違いがあります。

そして保湿にも「油分」と「水分」があり、この2つがバランス良く保たれているのが理想的なお肌です。

クリームタイプのものは油分が多く、「保湿に特化している化粧品」であるのに対して、ゲルタイプのものは水分を多く含み、「保水に特化している化粧品」です。

クリームタイプとゲルタイプの違い

    クリームタイプの保湿化粧品

  • 油分が多く「保湿」に特化している
  • ゲルタイプの保湿化粧品

  • 水分が多く「保水」に特化している

クリームは「油分」がメインでゲルは「水分」がメイン

どちらかというと、広く普及しているのはクリームタイプの保湿剤であり、ゲルタイプはあまり一般的ではないかもしれません。

しかし、いちご鼻に悩んでいる人が使うべきなのは間違いなく「ゲルタイプ」です。

さきほども言いましたが、いちご鼻に悩んでいる人は脂ギッシュな肌質の人が多く、脂性を気にするあまり、1日に何回も洗顔をしたり、あぶらとり紙で皮脂を根こそぎ拭き取ったりといった過剰なケアをしがちです。

そして、乾燥によって皮脂の過剰分泌が起こる、インナードライ肌になります。

このインナードライというのは「油分過多で水分不足」という肌状態なわけです。そのため、必要なのは油分ではなく水分です。

つまり、油分が多く「保湿」がメインのクリームタイプよりも、水分が多く「保水」がメンイであるゲルタイプのほうが肌質に合っているというわけなのです。

また、ゲルタイプはクリームタイプのものに比べて、圧倒的にベタつきが少ないのも優れた点です。

実際に私自身も保湿剤をクリームタイプからゲルタイプのものに変えたところ、脂ギッシュな肌質が少しずつですが変わっていったんですね。

必要なスキンケアは肌質によって一人ひとり違うもの

ちなみにクリームタイプの保湿剤が向いているのは乾燥肌の人です。

お肌に水分も油分も不足している肌状態ですので、ゲルタイプのものでは油分が足りず、せっかく与えたうるおいを保つことができません。油分というのはうるおいのベールを張り、水分が蒸発しないようにするためのものでもあるのです。

保湿に化粧水とクリームの2つのアイテムが必要なのはこのため。化粧水で「水分」を与え、クリームで「油分」を与えるというわけなのですね。

つまり、お肌の状態によって必要な水分と油分のバランスは異なるということ。

水分も油分も不足している乾燥肌の人には、水分も油分も必要です。

しかし、オイリー肌やインナードライ肌の人はすでに油分過多であるため、必要なのは保水をメインとしたケアなのです。

ですので、いちご鼻や脂性な肌質に悩んでいる人はクリームタイプの保湿剤を使うのをやめて、ゲルタイプの保湿剤を使うようにしてみてはいかがですか?

本当に驚くほど肌質が変わるはずですよ。

口コミで人気の高いゲルタイプの保湿化粧品を編集部が使ってみたよ

ここでは実際に当サイトの編集部が使ってみたオススメの保湿ゲルをご紹介しましょう。ネットや口コミで人気のあるものを調べて実際に購入して使ってみたものだけをご紹介します。

主に毛穴ケアやニキビケアに特化した「オールインワンゲル」に的を絞って3つ選んでみました。

いちご鼻やニキビ、脂ギッシュな脂性肌にお悩みの人は、ぜひ参考にしてみてください。

3つのオールインワンゲル簡単比較表

商品名 パルクレールジェル メルライン アクアゲルマジェル
商品イメージ
パルクレールジェル

メルライン

アクアゲルマジェル
価格 定期便価格:4,980円 定期便価格:4,980円 定期便価格:3,980円
内容量
40g

55g

60g
保湿力
保水力
ベタつき
やさしさ
返金保証
永久返金保証

180日間返金保証

30日間返金保証

パルクレールジェル

パルクレールジェルは2016年から発売された比較的新しいもので、宝島社の女性ファッション誌mini(ミニ)で取り上げられ、口コミで火が付いて爆発的な人気になったオールインワンゲルです。

プルプルとした質感が特徴で、まったくベタつきがないのが驚きでしたね。

で、ベタつかないのに保湿力はしっかりあって、お肌はしっとりもち肌。普通の人ならこれ1つあればスキンケアのすべてをまかなえちゃうかもしれません。

保湿と保水のバランスが良いため、幅広い肌質に対応できるでしょう。

ただ、他の2つと比べると、ちょっと量が少ないのが難点ですね。

メルライン

メルラインはニキビケアに効果抜群のオールインワンゲルとして、とっても有名ですので、すでに使ってるよという人も多いかもしれませんね。

とくに大人ニキビの代表格ともいえる口まわりや首まわりのニキビに有効なのだそう。

使ってみた感じは、とにかくしっとり感がハンパないですね。どちらかといいうとクリームに近い高保湿感がありました。

ただ、その分少しベタつきが気になったかなというのが正直なところですね。

アクアゲルマジェル

アクアゲルマジェルは編集部のライターがずっと愛用しているオールインワンゲルで、このウェブサイトでも何度も紹介している商品ですね。

とにかくこのゲルをオススメしたいのは「お肌が弱い人」。配合成分にこだわり、低刺激性に優れた、とってもお肌にやさしい保湿ゲルなんです。

いちご鼻やニキビに悩んでいる人は繊細な肌質の人が多いため、こういった低刺激性の保湿化粧品は非常に有効です。

しかし、敏感な肌質の人以外は、無理にアクアゲルマジェルを使う理由はないかもしれませんね。

3つの人気オールインワンゲルを使ってみて

一口にオールインワンゲルといっても、やはりそれぞれに特性があり、肌質や抱えている悩みによって必要なものは変わります。

今回の使ってみた3つの保湿ゲルを簡単に比較するとこんな感じです。

当サイトの編集部ライターが使ってみた個人的な感想ではありますが、参考にしみてください。

編集部ライターの感想

    最もバランスが良いと感じたのは『パルクレールジェル』

  • 保湿と保水のバランスが良く、ベタつきも最も少ないゲルですね。総合的な評価ならパルクレールジェルが一番でしょう。
  • >>パルクレールジェルの公式サイトはこちら

    保湿力の高さならダントツで『メルライン』

  • 使ってみて最もお肌がしっとりとうるおったのはメルラインですね。乾燥しがちな肌質の人やニキビ肌の人にとって最適なゲルでしょう。
  • >>メルラインの公式サイトはこちら

    お肌へのやさしさなら『アクアゲルマジェル』

  • 「敏感肌やアトピー肌の人のため」というコンセプトでつくられているゲルなので、低刺激性に関してはピカイチです。お肌が弱く繊細な肌質の人にオススメです。
  • >>アクアゲルマジェルの公式サイトはこちら

 
オイリー肌になりがちないちご鼻の人は、保湿力の高いクリームよりも保水力の高いゲルの方が向いているといえるでしょう。

 

関連記事

最近更新した記事

ページ上部へ戻る