いちご鼻をきれいにしたい人必見!鼻の黒ずみケア完全ガイド【保存版】

お鼻の毛穴に詰まった黒いぶつぶつに悩まされてはいませんか?

その黒ずみの正体は過剰に分泌された皮脂や古い角質が汚れと共に毛穴に詰まり、酸化して黒くなってしまったもの。

別名「いちご鼻」と言います。

ちょっぴり可愛らしいネーミングではありますが、その症状はなかなかにグロテスクですよね。

このウェブサイトでは、いちご鼻に関する様々な情報をコンテンツとしてお届けしていますが、今回はその総集編。

基本的なスキンケアを中心とした毛穴ケアから、ちょっと裏技的なアプローチ。そして、絶対にやってはいけない間違ったスキンケアなど、いちご鼻のセルフケアについてまとめてみました。

お鼻の黒ずみをきれいにして、人前で堂々と自信をもって自分らしく振る舞えるようになりたいという人は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

\ いちご鼻にお悩みなら試してみませんか? /

Remery

こんなケアをやってはいませんか?逆効果にしかならない間違った毛穴ケア

さて、いちご鼻をきれいにするための毛穴ケアについて見ていく前に、まず知っておかねばならない大切なことがあります。

それは、間違ったスキンケアをやめるということです。

正しいケアをすることは非常に大切なことです。しかし、それ以上に大切なのは、いちご鼻を悪化させてしまう間違ったケアをやめることです。

間違ったケアを続けるというのは、例えるならアクセルを踏みながらブレーキも踏んでいるようなもの。

たとえば、こんな毛穴ケアをやってはいませんか?

これらは全部間違ったケアであり、もしも1つでも心当たりがあるのなら、今すぐやめなければなりません。

いちご鼻を悪化させてしまう4つの間違った毛穴ケア
  • ① 鼻の毛穴パックで角栓を無理やり引っこ抜く
  • ② 1日に何回も洗顔をしたり、あぶらとり紙で頻繁に皮脂を拭き取る
  • ③ 指や爪で鼻の毛穴に詰まっている角栓を押し出す
  • ④ 濃いメイクやコンシーラーで毛穴の黒ずみをごまかす

鼻の毛穴パックで角栓を無理やり引っこ抜く

鼻パックといえば毛穴ケアの代表格であり、誰しも一度は使ったことがあるでしょう。

しかし、これはもう最悪の毛穴ケアです。なぜなら、鼻パックは強引に角栓を引っこ抜いてしまうため、毛穴が大きく広がってしまうのです。

そして、広がった毛穴はさらに皮脂や汚れが溜まりやすくなり、余計に毛穴の黒ずみが目立つようになってしまうという、最悪の悪循環に陥ってしまいます。

ですので、いちご鼻を本気で治したいのなら、あなたがまず真っ先にやるべきことは、引き出しの中にしまってある鼻パックをゴミ箱に投げ捨てることなのです。

1日に何回も洗顔をしたり、あぶらとり紙で頻繁に皮脂を拭き取る

いちご鼻に悩んでいる人は比較的オイリー肌の人が多い傾向にあります。皮脂の分泌量が多い脂性な肌質の人ほど、毛穴に汚れも詰まりやすくなるからです。

で、オイリー肌の人は顔のテカリを気にするあまり、1日に何回も洗顔をしたり、あぶらとり紙を常に持ち歩いて、しょっちゅう皮脂を拭き取ったりといった過剰なケアをやりがちです。

気持ちはよくわかるのですが、じつはこれは全くの逆効果。

なぜなら、皮脂を取りすぎると、お肌は失われたうるおいをい補おうとして、さらに皮脂を分泌させてしまうからです。

洗浄力の強すぎるクレンジングや洗顔料も汚れと一緒にうるおい成分も洗い流してしまためNGです。

皮脂を取りすぎる過剰なスキンケアは厳禁であると心得ましょう。

指や爪で鼻の毛穴に詰まっている角栓を押し出す

お鼻の毛穴に詰まった黒ずみを見ると、ついつい指で毛穴の角栓をニュルッと押し出してしまいますよね。

道具も必要なく、鼻パックよりもさらにお手軽な方法ですからね。

しかし、この角栓を押し出すという行為は鼻パックと同じく、鼻の毛穴を大きく広げてしまうため、逆効果にしかなりません。これは本当にやめましょう。

自分自身で毛穴汚れをさらに目立つようにしているという「狂気のケア」です。

濃いメイクやコンシーラーで毛穴の黒ずみをごまかす

これは気持ちは痛いほどわかりますが、メイクの厚塗りはお肌に余計な負担を与え、肌荒れを加速させてしまう大きな原因の1つです。

濃いメイクを落とすには洗浄力の強いクレンジングも必要になりますし、ダブル洗顔も必須でしょう。

そうなると、お肌に対する負担はますます増え、乾燥による皮脂の過剰分泌の原因となってしまいます。

当然、過剰に分泌された皮脂は毛穴を詰まらせてしまい、いちご鼻やニキビの原因となるでしょう。

で、肌荒れを何とかしようと、香料や防腐剤といった添加物まみれの化粧品を高いお金を出して買い漁るようになり、化粧品の使いすぎでお肌がさらに荒れるという最悪の悪循環に陥ってしまうことになりかねません。

メイクの厚塗りで毛穴汚れをごまかすようなことは、今日限りでやめにしましょう。

いちご鼻を治すためには基本的なスキンケアが最重要

さて、間違った毛穴ケアについておさらいしたところで本題に入りましょう。

いちご鼻を改善するにはいくつかのアプローチがありますが、やはり最も大切なのはクレンジング・洗顔・保湿を中心とした基本的なスキンケアです。

お鼻の黒いぶつぶつは、皮脂や古い角質が汚れとなって積み重なったものですので、1日や2日のケアで簡単には改善するようなものではありません。

引き締まったきれいな毛穴を取り戻すためには、地道なスキンケアを継続して行うことが何より大切です。

メイクの残りはいちご鼻の原因!クレンジングは入念にしっかりと行おう!

美容のプロはスキンケアにおいて最も大切なのはクレンジングであると言います。

お鼻の毛穴の黒いぶつぶつは、過剰に分泌された皮脂や古い角質が「汚れ」と混ざり合って詰まったものであり、その「汚れ」の1つが「メイクの残り」です。

メイク落としがきちんとできていないと、残ったメイクの油分が毛穴に詰まり、アクネ菌やマラセチア真菌などの微生物や顔ダニが異常繁殖し、炎症を引き起こす原因にもなってしまいます。

ですので、メイクを落とさずに寝落ちしてしまったなんてことがないよう気をつけましょう。

使うクレンジング剤については、洗浄力の強いオイルタイプやリキッドタイプは避けること。マイルドなクリームタイプかミルクタイプ、もしくは洗浄力とうるおい成分のバランスが良いジェルタイプを使うのがオススメです。

また、いちご鼻のような毛穴ケアには発熱成分が入っているホットクレンジングがとっても有効です。

ホットクレンジングの温感作用でお肌と毛穴が柔らかくなり、毛穴の中に詰まっている皮脂やメイク汚れが浮きやすくなるからです。

いちご鼻のケアにはホットクレンジングを使おう
  • ホットクレンジングとは、発熱する成分が入っているクレンジング剤のこと
  • 温めることで毛穴汚れが落としやすくなる
  • 温めることでメイクを浮かせるので、汚れを落としながらも、お肌に必要なうるおいを残しやすい
  • 温感作用でお肌が柔らかくなれば、その後に使う保湿化粧品の成分が浸透しやすくなる

編集部一押しのクレンジング

\ いちご鼻にお悩みなら試してみませんか? /
ワンポイントアドバイス

    マナラホットクレンジングはここがスゴイ!

  • 温感作用によってお肌の表面を柔らかくさせ、メイクや汚れを落としやすくしてくれるホットクレンジングが毛穴ケアに効果抜群。

    「ジェルタイプ」+「ホットクレンジング」という相乗効果は、毛穴ケアとしてこれ以上ない組み合わせであり、いちご鼻に悩んでいる人なら、これを選べば間違いないと断言できる組み合わせです。

いちご鼻改善のコツは泡立て洗顔!しっかりと洗顔料を泡立てて洗おう!

洗顔はスキンケアの基本中の基本です。

いちご鼻を改善するためのコツは、洗顔料をしっかりと泡立てることです。手を逆さにしても落ちないくらい濃厚なもっちもちの泡をつくって洗いましょう。

しっかりと洗顔料を泡立てて洗うことで、細かい泡の粒子が毛穴の奥まで浸透して、しっかりと汚れを吸着して洗い流してくれるんですね。

そして、やさしく包み込むように泡で洗うこと。このとき決してゴシゴシとこすり洗いをしてはいけませんよ。

お肌の角質層は0.02mmほどの厚さしかもたない、とても繊細なものです。

ゴシゴシとこすり洗いをしてしまうと角質層もはがれ落ち、わずかな刺激に対しても過敏になったり、雑菌やウィルスの侵入が容易になったりと、いちご鼻だけではなく、あらゆるお肌トラブルの原因になってしまいます。

手で洗うのではなく、泡で洗うイメージですね。

使う洗顔料に関しては、泡立てに特化したものを選ぶのがベストです。洗浄力よりもお肌に対するやさしさや、うるおい成分が豊富に配合されているものを選びましょう。

泡立て洗顔のススメ
  • まずは手を洗って清潔にしましょう
  • フォームタイプなら2~3㎝、パウダー状のものなら10円玉くらいの大きさを目安に洗顔料を手に取る
  • 水を2~3滴加えてよく混ぜながら泡立てましょう(泡立てネットを使うと楽です)
  • 手で直接触れないようにモコモコの泡をクッションにしてやさしく洗います
  • すすぎはしっかりと入念に!洗顔料がしっかり落ちるまで、最低でも20~30回はすすいでください
  • 最後に冷水ですすぐことで毛穴を引き締めましょう

編集部一押しの洗顔料

\ いちご鼻にお悩みなら試してみませんか? /
ワンポイントアドバイス

    どろ豆乳石鹸どろあわわはここがスゴイ!

  • どろあわわはその名の通り泡立ちに特化した大人気の洗顔石鹸。うるおい成分もたっぷりと配合されていて、なおかつお肌にやさしい低刺激性の成分でつくられています。

    いちご鼻だけでなく、あらゆる肌質や悩みに幅広く対応できる、万能の洗顔料だといえるでしょう。

いちご鼻専用の美容液を使ってしっかりとケアをしよう

美容液は、より具体的な悩みに対して効果を発揮する基礎化粧品です。

たとえば、皮脂の分泌とアクネ菌の増殖を抑制してニキビを防ぐ効果に特化した美容液や、メラニンの生成を抑えてシミやそばかすに効果を発揮する美白美容液など、気になる部分に集中的に使用するための化粧品です。

化粧水やクリームが攻撃も守備もバランス良くこなす万能選手だとするなら、美容液は一点特化型の超攻撃型選手といったところ。

美容液は具体的なお肌の悩みを抱えている人以外にとっては、あまり必要のないものですが、いちご鼻やニキビなどの具体的な悩みを解消したい人にとっては、非常に高い効果を発揮してくれる基礎化粧品です。

皮脂の過剰分泌を抑制するために高濃度の保湿成分を配合しているものや、毛穴の汚れに働きかける角質吸着効果をもつ成分を配合しているものを選ぶといいでしょう。

いちご鼻専用の美容液を使うことで得られる効果
  • 美容液は化粧水やクリームで補いきれない美容成分を与えてくれる
  • 毛穴汚れをケアしつつも、うるおい成分や美容成分もしっかりと補える
  • 美容液の配合成分がお肌のターンオーバーを促してくれる
  • 鼻の角栓ケアに特化した美容液を選ぶことでより早くいちご鼻を改善できる

編集部一押しの美容液

\ いちご鼻にお悩みなら試してみませんか? /
ワンポイントアドバイス

    いちご鼻専用美容液リメリーはここがスゴイ!

  • リメリーは高濃度に配合された美容成分が毛穴汚れに作用しつつも、しっとりとしたうるおいを与えてくれる美容液です。

    ドロっとした質感でありながら、お肌に塗るとサラッとしたうるおいのベールでお肌を美しく健やかに整えてくれます。

いちご鼻を治すためには保湿ケアが超重要!

いちご鼻のケアというと、毛穴汚れを除去するクレンジングや洗顔ばかりが重要視されがちですが、保湿もまた忘れてはならない非常に重要なスキンケアです。

クレンジングや洗顔は汚れだけでなく、セラミドやNMFといったお肌にとって欠かすことのできない、うるおい成分も一緒に洗い流してしまいます。

そして、お肌は失われてしまったうるおいを補うために、さらに皮脂を分泌させてしまいます。

つまり、皮脂というのは奪えば奪うほど、お肌は乾燥し、かえって脂ギッシュなお肌になってしまうのです。

保湿不足はいちご鼻最大の原因である「皮脂の過剰分泌の原因」でもあるので、乾燥による皮脂の過剰分泌を防ぐためにも保湿ケアは非常に大切なのです。

保湿に使う化粧品はクリームタイプよりもゲルタイプがオススメ。

お肌のうるおいというのは油分と水分のバランスが整っていることが理想です。いちご鼻に悩んでいる人は脂性肌の人が多く、油分過多で水分不足という肌質の人が多い傾向にあります。

クリームタイプは高い保湿力をもっているのですが、油分が多いため、脂性肌の人が多いいちご鼻のケアには適していないのです。

ゲルタイプのものは「保湿」よりも「保水」に特化しているため、脂ギッシュになりがちな肌質の人にピッタリ。クリームタイプに比べてベタつかないサラッとしたテクスチャも相性が良いと言えるでしょう。

保湿化粧品はクリームではなくゲルを使おう
  • いちご鼻に悩む人は脂性肌の人が多く「油分過多で水分不足」という肌質が多い
  • そのため、いちご鼻のケアに必要なのは「油分」ではなく「水分」
  • クリームは油分が多く「保湿」に特化し、ゲルは水分が多く「保水」に特化している
  • 油分過多の肌質にクリームタイプの保湿化粧品は逆効果になる
  • ゲルはクリームと比べてベタつきが少ないため、脂性肌のケアに最適

編集部一押しの保湿ゲル

\ いちご鼻にお悩みなら試してみませんか? /
ワンポイントアドバイス

    アクアゲルマジェルはスゴイ!

  • アクアゲルマジェルはしっとりうるおうのにベタつかないサラッとした質感がとても魅力的。

    脂ギッシュになりがちなオイリー肌の人にとって、これ以上のものはないと断言できる保湿ゲルです。

ここからはちょっと裏技的なアプローチのいちご鼻ケアを4つご紹介

さて、ここまでは正攻法の基本的なスキンケアでの、いちご鼻ケアについて見てきました。

ここからはちょっとだけ裏技的なケアについて見ていくことにしましょう。

いちご鼻を改善するための裏技的なケアとして有名なのが「綿棒を使った毛穴ケア」「オリーブオイルを使った毛穴ケア」「オロナインパック」「ニベアパック」の4つ。

この4つのケアの特徴としては、毎日行なうのは推奨できないけれど、比較的短期間でいちご鼻をきれいにできるということですね。

それでは1つずつ順番に見ていくことにしましょう。

簡単に毛穴の黒ずみがごっそり取れる!綿棒とオイルを使った毛穴ケア

用意するのは綿棒とオイルの2つだけ。

オイルはホホバオイルやハーバルオイル、ココナッツオイルやグレープシードオイルなど、あなたが普段使っている美容オイルでかまいません。

なるべく添加物の少ない低刺激性のオイルがいいですね。美容オイルをもっていない男性の方は食用のオリーブオイルでも代用できます。

簡単に言うと、綿棒にオイルをたっぷりと染み込ませてマッサージをするように毛穴の汚れをこすり落とすということですね。

比較的簡単に毛穴汚れがきれいになるので、どうしても今晩中に毛穴汚れを何とかしたいという場合などにオススメです。とはいえ、ゴシゴシと綿棒でこするという性質上、どうしてもお肌に負担をかけてしまいますので、頻繁にやるものではありません。

多くても月に1ヶ月に1回程度にしましょう。

綿棒&オイルを使った毛穴ケアの手順
  • ① まずはメイクオフして洗顔
  • ② 綿棒にオイルをたっぷりとしみ込ませる
  • ③ なでたり転がしたりしながら綿棒でやさしくマッサージ
  • ④ 頑固な汚れは綿棒を2本使ってはさむようにして押し出す
  • ⑤ 洗顔をしていつも以上に入念に保湿

イタリア料理に欠かせないオリーブオイルを使った毛穴ケア

オリーブオイルを使った毛穴ケアも有名ですよね。
本来は食品であるオリーブオイルが、なぜ毛穴ケアに有効なのでしょうか?

その理由はオリーブオイルの主成分である「オレイン酸」と呼ばれる脂肪酸にあります。

オレイン酸は、私たち人間の皮脂の約40%を構成している成分でもあり、毛穴の汚れとよく馴染み、自然に溶かして落とすよう働きかけてくれる効果をもっています。

また、保湿効果も高く、乾燥からお肌を守り、うるおいを与えるといった効果も期待できます。

そして、主にエクストラヴァージンオイルに含まれている「オレオカンタール」と呼ばれる成分には抗炎症作用もあり、ニキビや肌荒れなどの炎症を鎮める作用もあります。

つまり、オリーブオイルはそこらへんに売っている添加物たっぷりの美容液やクリームなんかよりも、よっぽど優れたスキンケア用品なのです。

ただ1つ、使用するオリーブオイルはなるべく不純物が少なく、精製度の高いものを選ぶことが重要です。精製度の低いものは劣化が早く油焼けを起こしてしまう危険性もあるからです。ですので、スキンケアに使うのなら精製度が高く、お肌に負担もかかりにくい「エクストラバージンオイル」を使いましょう。

オリーブオイルを使ったイチゴ鼻ケア
  • ① 蒸しタオルやぬるま湯で顔を素洗いするなどして毛穴を開く
  • ② 500円玉程度の量のオリーブオイルを手に取り、手の平で温める
  • ③ オリーブオイルを鼻に塗り、1〜2分待って汚れを浮かせる
  • ⑤ やさしく下から上へとマッサージをする(1分程度)
  • ⑥ コットンなどでやさしく押さえながらオイルを吸い取る
  • ⑦ 後はいつも通りに洗顔をして保湿

親から子へ受け継がれる家庭の常備薬オロナインを使った毛穴ケア

オロナインがいちご鼻に有効だとされる理由は2つあります。

1つは「クロルヘキシジングルコン酸塩液」という成分で、非常に優れた殺菌・消毒効果をもっているため、毛穴を清潔に保ってくれる効果が期待できるからです。

そして、2つ目は「オリーブ油」という成分で、これはいわゆるオリーブオイルのことですね。上で紹介したオリーブオイルの項目で書いたように、オリーブオイルの主成分である「オレイン酸」という脂肪酸が毛穴の汚れに非常に有効に働くためです。

で、おそらくオロナインを使った毛穴として有名なのは、オロナインを鼻に塗ってから鼻パックをするというものだと思いますが、鼻パックは毛穴を広げてしまい、かえっていちご鼻を悪化させてしまうため推奨できません。

そこでオススメしたいのが、入浴時にオロナインとラップを使ったパックを行なうことです。

この方法なら鼻パックのように強引に角栓を引っこ抜くこともなく、シールの粘着剤によってお肌を傷つけることもありません。また、ゆっくりとお風呂に入るついでにできるケアなので手間もかからずオススメです。

お風呂で行なうオロナインパックのやり方
  • ①食用品のラップを鼻を覆える程度の大きさに切る
  • ②5分ほど湯船に浸かって毛穴を開く
  • ③洗顔をしてからオロナインをたっぷりと塗る
  • ④ラップを毛穴パックのように鼻に貼って10分ほど待つ
  • ⑤ラップをとったらいつも通りに洗顔をして保湿

100年の歴史をもつニベアクリームの青缶を使った毛穴ケア

もはや説明不要の超大人気保湿クリームのニベア青缶。

芸能人やセレブ御用達の超高級品化粧品の『ドゥ・ラ・メール』と成分が似ているということから、一時期凄まじいまでの爆発的人気になりました。

このニベア青缶を使った毛穴ケアも、なかなかの効果を発揮してくるのですよ。

やり方は簡単。ラップを使ったオロナインパックと同じように食用ラップを適当な大きさに切り、入浴時にニベアクリームをたっぷりと塗って、ラップを貼って10分程度放置するというもの。

個人的にはオロナインよりもニベアクリームの方が毛穴と角栓を緩めてくれる効果が高いと感じます。

オロナインはとても優れた軟膏ではあるのですが、あくまでも傷のお薬です。それに対してニベアはスキンケア用のクリームであり、その圧倒的な保湿力は下手な高級クリームを凌駕します。

そのため、オロナインと違って顔全体に塗ることも可能。試しにお風呂でのニベアパックをするときに、クリームを顔全体に塗ってみてください。きっとその凄まじいまでのしっとり感に驚くことでしょう。

お風呂で行なうオロナインパックのやり方
  • ①食用品のラップを鼻を覆える程度の大きさに切る
  • ②5分ほど湯船に浸かって毛穴を開く
  • ③洗顔をしてお肌を清潔に整える
  • ④ニベアクリームを鼻にたっぷりと塗ったらラップを貼って10分放置
  • ⑤ラップをとったら、いつも通りに洗顔と保湿
 
きれいなお鼻を取り戻すためには、地道なケアの積み重ねが必要不可欠です。

 

関連記事

最近更新した記事

ページ上部へ戻る