お鼻の黒いぶつぶつ「いちご鼻」に美容液は効果があるのか解説してみた

お鼻の黒いぶつぶつ「いちご鼻」を何とかしたいと思い、様々なクレンジング剤や洗顔料を試してみたけれど一向に改善しない。

で、次は美容液を試してみようかと思うけれど、果たして効果があるのか?

というか、そもそも美容液ってどんな役割があるものなのか?
試してみたいけど損したくないなぁ・・・。

と、そんなお悩みを抱えてはいませんか?

そこで、今回は「いちご鼻と美容液」について見ていくことにしましょう。

今まで色々な化粧品を試してみたけれど、なかなかいちご鼻がきれいにならないとお悩みの人は、ぜひ最後までご覧ください。

\ いちご鼻にお悩みなら試してみませんか? /

Remery

そもそも美容液とはどんな役割をもつ化粧品なのか?

まずは美容液の基本的な役割について確認してみましょう。

スキンケアに使う基礎化粧品は主に4つあります。「化粧水」「乳液」「クリーム」、そして「美容液」の4つですね。

この4つの基礎化粧品がもつ基本的な役割は以下の通りです。

基礎化粧品の主な役割

    化粧水

  • お肌に水分を与え、キメを整える
  • 乳液

  • 油分の膜でお肌に蓄えられた水分の蒸発を防ぐ
  • クリーム

  • 保湿成分や美容成分を与え、お肌にうるおいのヴェールを張る
  • 美容液

  • 保湿成分や美白成分といった美容成分が高濃度に配合されている

美容液は一点集中のスペシャルケアに使用する基礎化粧品

じつは、スキンケアに使う基礎化粧品は化粧水とクリームだけで十分なんです。洗顔後は化粧水でお肌を整え、乳液かクリームでうるおいの膜を張る。これでOK。

ただし、それは乾燥やニキビなどのお肌トラブルとは無縁の、いたって健康的なお肌の持ち主である場合のみです。

では、乾燥肌や脂性肌などの悩みを抱えている人はどうすればいいのかというと、そこで登場するが美容液なんですね。

美容液の役割を簡単に説明すると、より具体的なお肌の悩みに対して集中的なケアを行うための基礎化粧品です。

具体的な例を挙げるなら、メラニンの生成を抑えてシミやそばかすに対して効果を発揮する「美白美容液」や、高濃度に配合された保湿成分でうるおいを与えて皮脂の過剰分泌を抑制する効果をもつ「保湿美容液」などがあります。

化粧水やクリームは攻撃も守備もバランス良くこなす「万能選手」であるとするなら、美容液は「超攻撃的な一点特化型選手」といったところ。

美容液とは個別具体的なお肌の悩みに対する「スペシャルケア」として使うものなのです。

代表的な美容液の種類
  • 保湿美容液
  • 美白美容液
  • エイジング美容液
  • ニキビ用美容液
  • 化粧下地兼用美容液
  • シミ用美容液
  • シワ用美容液
  • 毛穴ケア用美容液

いちご鼻のような限定的かつ具体的な悩みにこそ美容液が効果を発揮する

化粧水やクリームは比較的万人に対して有効な基礎化粧品であり、「浅く広く」ケアするためのものです。

それに対して美容液は「狭く深く」、より具体的な悩みに対してピンポイントでケアを行うための基礎化粧品です。

ぶっちゃけて言うなら、具体的なお肌の悩みがあるわけではないという人にとっては美容液は必要ありません。

間違いなく宝の持ち腐れとなってしまうでしょう。

その半面、いちご鼻のような個別具体的な悩みに対して、高い効果を発揮してくれるのが美容液なのです。

いちご鼻のケアに効果的な成分が配合されている美容液を選ぼう

さて、きれいなお鼻を取り戻すためには、どんな美容液を使えばいいのでしょうか?この問いに答えるためには、まずいちご鼻の原因を知らねばなりません。

いちご鼻というのは、お鼻の毛穴に皮脂や古い角質が汚れと混ざり合い、毛穴に詰まっている肌状態です。

つまり原因は「過剰に分泌された皮脂」と「ターンオーバーの低下による古い角質の蓄積」の2つなわけですね。

ですので、この2つ対して働きかける効果をもつ美容液を選ぶことが大切です。

いちご鼻に効果的な美容液
  • 皮脂の過剰分泌を抑制してくれる美容成分を配合しているもの
  • お肌のターンオーバーを促進してくれる美容成分を配合しているもの

皮脂腺の働きを安定化させて皮脂の過剰分泌を抑制しよう

皮脂の過剰な分泌を抑制するために必要なのは「保湿力」と「皮脂腺を安定化させてお肌を整える」ことです。

皮脂の過剰分泌を抑制するためには、保湿が非常に重要な役割を担っているのをご存じですか?

一見すると逆のようですよね。「皮脂が出すぎているんだから保湿は逆効果でしょ」と。

たとえば、クレンジングや洗顔はその性質上、汚れだけでなくお肌にとって本来なくてはならないうるおい成分も一緒に洗い流してしまいます。

すると、お肌は失われたうるおいを補おうとして、皮脂を分泌させるようになってしまうのです。

ですので、一見すると逆説的ではありますが、皮脂を抑制するためには保湿成分が非常に重要となるのです。

優れた保湿効果をもつ代表的な保湿成分
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • ステアリン酸コレステロール
  • エラスチン
  • NMF

ターンオーバーを促進させてお肌の再生力を高めよう

過剰に分泌された皮脂と共に毛穴に詰まってしまうのが、古い角質です。

お肌のターンオーバーが滞ってしまうと、皮膚細胞がそのまま古い角質となって表皮に蓄積されていき、皮脂や汚れと共に毛穴に詰まるようになるのです。

ターンオーバーが低下してしまう理由は睡眠不足や不規則な生活、ストレスなど様々ですが、主な原因は生活習慣の乱れにあります。

ですので、早寝早起きなど、規則正しい生活を心がけ、食生活にも気を配ること。それがターンオーバを促進させる最も確実な方法です。

とはいえ、それが簡単にできたら苦労しませんよね。

規則正しい生活がお肌にとって重要なんて、もはや言われるまでもないことであり、仕事や学業など、忙しさに追われてそれができないから苦労しているわけですよね。

そこで、ターンオーバーを促進してくれる美容成分を配合している美容液を使用することで、お肌の再生力を活性化することができるでしょう。

ターンオーバーを促進してくれる代表的な美容成分
  • ビタミンA(レチノール)
  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタ
  • 酵母エキス
  • 酵素
  • パンテノール

今さら聞けない美容液に関する素朴な疑問【Q&Aコーナー】

美容液って何歳くらいから使うものなのかしら?20代?それとも30代になってから?

A. 美容液は何歳から使うものといった決まりはありません。が、個人差はありますが20代後半からセラミドやコラーゲンといった、お肌にとって必要な成分の含有量が激減していきます。
美容液を使うタイミングっていつがベストなのかしら?

A. 美容液を使うタイミングは、入浴や洗顔後に化粧水でお肌に水分を与えてキメを整えた後に使用するのがベストです。「化粧水→乳液→美容液→クリーム」といった順番が基本となります。
美容液って何だかやたら高額なものが多い気がするんだけど何でなの?

A. 美容液は他の基礎化粧品と比べ、内容量が少ないにも関わらず高価なことが多いですよね。その理由としては、具体的な悩みに対応するための研究費や人件費など、より多くの開発コストが費やされているからです。
色々な悩みに対応する美容液があるみたいだけど、いちご鼻ケアに効果的な美容液ってあるの?

A. いちご鼻のような毛穴の詰まりに特化した美容液もあります。
本当に美容液を使うことでいちご鼻が治るの?

A. 使うだけでお肌の悩みが完全に解消される化粧品というものは存在しません。しかし、いちご鼻の原因である皮脂の過剰分泌を抑制したり、お肌のターンオーバーを促進させる効果をもつ美容液はあります。
美容液ってたくさんありすぎて、どれを選べばいいのかわからないんだけどオススメってあるの?

A. 美容液は個別具体的なお肌の悩みに対してピンポイントで使用するものなので、オススメの美容液というのは、あなたが抱えているお肌の悩みによって変わります。毛穴の黒ずみにお悩みであるなら、いちご鼻専用の美容液として有名な『リメリー』がピッタリでしょう。
 
美容液は具体的なお肌の悩みに対してとても有効なものです。いちご鼻のようなピンポイントなお悩みを抱えている人にこそ、ぜひ一度試してみてほしい化粧品です。

 

関連記事

最近更新した記事

ページ上部へ戻る